saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者がブログや仕事、子供やスポーツなど書いてます

超ド初心者覚えなきゃ進めない用語

スポンサーリンク

どうも saekichi です

 

前回は用語の超入門編みたいな感じでしたが、ブログを書いていったり他にも設定したりしていると、どうしてもこれ何?という言葉がでてきます

今回もそれらをあげていき、設定などでも困らないようになればと思います

 

【超初心者向け用語】

  • コンテンツ
  • ネームサーバー
  • DNSレコード
  • トラッキング
  • インデックス
  • クロール
  • サイトマップ
  • リソース
  • トラフィック
  • リンク
  • クエリ
  • CTR
  • コンバージョン

 

今回は上記の13個の用語について説明していきたいと思います

ドメインの設定や解析ツールなどを見たり、エラーが出た際にこういった言葉が出てきては、これって何?という状態でなかなか進めなかったので、同じように悩んでいる人は一緒に覚えていきましょう

 

【用語の説明】

・コンテンツ

 「中身」や「内容」という意味で

【情報の内容】だったり【情報の中身】というように「コンテンツ」という言葉が使われています

また「プログラム」と「データ」とに分けたデータに相当する部分を称したり

「目次」という意味でも使われるそうです

 

・ネームサーバー

ネット上で「ドメイン」と「webサーバーやメールサーバー」を結びつけるための役割

これを[名前解決]というそうです

インターネット上にあるサーバーには(123.198.145)のような数字で構成された【IPアドレス】というものが割り振られています

その【IPアドレス】と【ドメイン】を結びつけるのが「ネームサーバー」

 

・DNSレコード

 Domain Name System(ドメイン ネーム システム)の略

ネット上のコンピューターを英数字の文字列によって特定するためのシステム

ネームサーバーもDNSサーバーとも呼ぶそうです

「IPアドレス」と「ドメイン名」の対応表を[ゾーンファイル]と呼ぶそうで

その中身の一行一行のことを【DNSレコード】

 

・トラッキング

「追跡」、「追尾」という意味だそうで

利用者の行動やシステムの挙動、データの推移などの情報を継続的に収集とあります

ユーザーがどこから来て、どんな物を購入したかなどを記録、分析できるわけですね

 

・インデックス

ここでは、「検索エンジン」での「インデックス」の説明

検索結果に表示させるために、webページの情報を「Googleのロボットなど」が認識(収集)してデータベースに保存(格納)することをいうそうです

探している人に見つけてもらうためには、しっかり格納しとかないといけないんですね

 

・クロール

web上の情報を収集することを「クロール」といいます

で、クロール(情報を収集)しているのが、Googleのロボット(自動巡回プログラム)を称して【クローラー】と呼ばれているそうです

無数にあるページを一つ一つ巡回しているんですね(一度で全てを収集してるワケではないみたいです)

検索結果に反映されるにはクロールされる必要があるみたいですね

 

・サイトマップ 

 検索エンジンがサイト内のページの構成を示すための手掛かり

サイトマップにも2種類あるそうで

【HTMLサイトマップ】

サイト訪問者が目的のページを見つけられなくて迷子になった時に使ってもらうページ

【XMLサイトマップ】

検索エンジンに自分のサイトのページを知らせる

このサイトマップによってクローラーや検索してくれてる人に見つけてもらえるんですね

 

・リソース

リソースとは「資源」という意味をもつそうです

動作の実行に必要となる処理システムの要素のこと

Googleサーチコンソールなんかでエラーの原因を探す時によく出てくる言葉です

これらの要素がインデックスされない原因ですよーみたいな感じで、それを修正していけばうまく処理されるでしょう

 

・トラフィック

アクセス数送信データ量サイト(ページ間)などを行き来する閲覧者(ユーザー)の流れのことを多くいうみたいです

なのでトラフィックの量が多くなると、サイトの表示が遅れることがあるそうです

 

・リンク

物と物とのつなぎのことで「連結する」という意味

ネット上のページと別のページの間を移動するための仕掛け

サイトのTOPページから見たい所をクリックすると、そのページへ行けますよね

それはTOPページとそのページがリンク(連結)されているからなんですね

 

・クエリ

「問い合わせる」「訪れる」という意味

データや条件を探す検索キーワードを【検索クエリ】というそうです

データベースに対して(これ探してこい!)っていう命令文になるみたいです

 

・CTR

「Click Through Rate」(クリック スルー レート)の略で【クリック率】のことをいいます

インプレッション数(表示された数)のうち、何回クリックされたかの割合が分かるそうです

なので、検索結果を見た人がどのくらいの割合で、そのページに来てくれたかというのをCTRで知ることができるというワケですね

 

・コンバージョン

「変換」や「転換」などの意味をもつ

ネット上の商用目的のサイトの成果

商品を購入したり、資料請求や会員登録だったりとそのサイトによって様々

「訪問者」から「顧客」に転換することですね

 

 

これらの言葉の意味で立ち止まる事も多々あるかもしれませんが、知らないことには前に進めないので、どんどん覚えていきたいですね

 

【超初心者用語まとめ】

用語の超入門編にはじまり今回も13個の用語を覚えました

でも、ほんの一部分であり覚えなきゃ進めない用語はまだ星の数ほどあります

100%のうち1%も進んだかどうかですね…

超初心者にはこの用語による壁モンスターがたくさん現れます

ですが、言葉を知ると、文章としての意味も深く理解できるようになると思うので

めげずに乗り越えていきましょう 

 

解析ツールの見方が分かったり、改善すべき点がわかったり、自分のサイトをより多くの人に見てもらえるようになれば万々歳ですね

 

一気に覚えようとすると挫折の近道にもなり兼ねないし、覚えたつもりが覚えてなかったという事もあるので少しずつでもいいと思いますよ

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

www.saekichi.net