saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者がブログや仕事、子供やスポーツなど書いてます

まだ間に合う【入学式】で迷わない服選び

スポンサーリンク

もうすぐ入園・入学式ですね

こうした子供の行事で悩むのは、やはり服装

主役は子供だから、親としては派手過ぎず、かつ地味過ぎず

あ〜でもない、こ〜でもないと悩んでいるうちに準備が間に合わない!なんて慌てていませんか?

そんなあなたに、入園・入学式はもちろん、これからくる七五三や各種写真撮影にも合う服を紹介したいと思います

 

入園・入学式向け

入園・入学といえば、桜の季節

子供を引き立てつつ、自分にもしっかり光を当てて着こなせる

まずはこちら

 1、キャサリンコテージ(フォーマルスーツ・ワンピース、ジャケット)

 

 一見、地味に見えがちだが、中は2カラーのワンピース

完全なブラック一色ではなく、しっかりワンポイントカラーがジャケットの襟回りから入っているので、可愛くも、綺麗にも着こなせる一品

これに、真珠系ネックレス、胸元にホワイトかクリーム色のコサージュを添えれば、一気に華やかさが増します

シンプルの中にしっかり華やかさがあるので、入園、入学以外でも合わせやすい服

ふんわりスカートにジャケットを合わせたり、中のワンピースが他の色に合わせやすいので、ジャケットをちょっと明るい色にすれば、ちょっとした食事会や行事のお出掛けにもピッタリです

値段も、合わせるものも一緒に買えちゃうお手頃価格

 

2、スーリール(ワンピース、ジャケット)

 

爽やかなカラーにきちっと感のあるジャケット

ワンピースは、スカート部分にボックスプリーツをあしらったデザイン

さらに、リボンベルト付き

セレモニースタイルで、入園・入学にはもちろん、他のお祝いの席にもピッタリ

バッグやアクセサリーなどもカラーにこだわらず合わせやすいデザインですね

定番とも言えるのではないでしょうか

 

 3、ジャガード風ツイード

 

 

もはやベージュやピンクは定番

 

ラメ入りピコレースが配してあるジャケット

春先ちょっと厚手には汗ばむ場合もありますよね

そんな時は、袖口を折り返してもシッカリ着こなせちゃう

 

リボンがアクセントのワンピースは入園、入学(小学校)には向いてますね

定番色より、メローサックスで合わせてみたら

「ママ、今日かわいいね」なんて言ってもらえちゃうかもしれませんね  

 

合わせて準備したいもの  

1、コサージュ

胡蝶蘭のコサージュも珍しいと思いますが、結構エレガントに飾れてお祝い事にもとても似合います

 

2、ネックレス

 

コサージュと共に胸元を飾るのに忘れてはならないのが、ネックレスですよね

あまり派手にならず、シンプルに、でも地味にはならないパールネックレス

合わせやすさも最適ですね

 

 3、バッグ

 

手ぶらで行くわけにもいかず、かと言ってキメた服に合わせるのもなかなか難しいバッグ

ちょっとワンポイントを入れておくと、バッグだけが浮いてたり隠れ過ぎる心配もなさそう

お祝い事には、そんなに沢山の物は持っていかないので大きくなく小さ過ぎないくらいがちょうどいいですね

 

4、靴 (パンプス)

 

 

 

お父さんの準備するもの

1、ビデオカメラ、カメラ

 

入園・入学式は室内なので、出来れば30倍光学以上のものの方が良く撮れると思います

ただ、卒業式なんかとは違って、結構周囲がザワザワしているので、そういった音や声なんかを抑えてくれる機能があると 助かりますね

 

2、カメラ

 

どちらかと言えば、オススメは一眼レフなんですが、やはり式中はデジタルカメラでいきたいですかね 

しっかり高速オートフォーカス機能だったり、光学ズームなどもってこいです

あの一眼レフの「カシャ」っていう音大好きですね

何より撮った後に見るのが楽しくなる、その写り具合、撮るのが楽しくなりますよね

 

あとは、SDカードがきちんと入っているか、メモリー残量の確認

バッテリーは減りが早くなっていないか、長時間撮影可能か

式の前日までには、しっかり確認をして準備を済ませておきたいですね

 

三脚やフラッシュ撮影は学校等によって遠慮してもらう場合もありますので、説明等がありましたらちゃんと聞いて設定のし直しなどしておいた方がいいですよ

 

さいごに

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、

この度は、ご入園・ご入学誠におめでとうございます

お子様の晴れの舞台には、親も緊張しちゃいますよね

私も何度か経験していますが、やはり服装や身だしなみなど、とても悩みますね

 

ここで、子供が主役だからと手を抜く人はそうそういないとは思いますが、しっかり考えていけば、のちのち子供が成長したら「ありがとう」って言ってもらえますよ

 

その日まで、一緒に成長していきたいですね

では、よい1日を

 

 最後までお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク