saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者がブログや仕事、子供やスポーツなど書いてます

胸キュン映画【ひるなかの流星】白濱亜嵐ヤバカッコイイ

スポンサーリンク

2017年3月24日上映開始された【ひるなかの流星】

登場人物は、ヒロイン『与謝野(よさの)すずめ』『獅子尾(ししお)五月(さつき)』『馬村(まむら)大輝(だいき)』

少女漫画マーガレットに連載されていたピュアで切ない三角関係ものの実写化

映画を観に言った感想を伝えちゃう

胸キュン大好き中高生やトキメキたい大人にはたまらない作品です

 

【ひるなかの流星】登場人物

・与謝野すずめ:永野芽郁

田舎育ちで恋を知らない女子高生

家庭の事情により東京の叔父さんにお世話になることに

・獅子尾五月:三浦翔平

すずめが転校してくる学校の先生で、担任でもある

・馬村大輝:白濱亜嵐

すずめが転校してきたクラスの隣の席になる男子高生

無愛想で女子に免疫がないが、すずめと友達になる

・熊本諭吉:佐藤隆太

東京にいるすずめの叔父さん

獅子尾の大学の先輩でカフェを経営している

・猫田ゆゆか:山本舞香

すずめのクラスメイトとなる女子力高い子

馬村が好き

 

その他、クラスメイトなど

 

ストーリー

田舎に住む恋愛未経験のすずめは、父親の海外転勤によって東京にいる諭吉の元でお世話にになることになる

しかし、すずめは上京初日に諭吉が迎えに行けず、東京で迷子になってしまう

そんなすずめは、異次元の人の流れの中、昔昼間の空に見えた流星を回想していた時、フッと倒れしまい「大丈夫かよ」と腕を掴んで助けてくれたのが、獅子尾という男性だった

諭吉の住所がわかったので、すずめを諭吉の家まで運んでくれた

一見軽そうに見えるこの男性、実は諭吉の大学の後輩だったのだ

しかも、次の日転校先の担任の先生だと知る

 

新しいクラスを紹介されたすずめは、無愛想で女子が苦手なイケメンの隣の席になる

一方、すずめは慣れない環境に戸惑うことも多かったが、初日に助けてくれた獅子尾は、優しく困った時にいつも気にかけてくれる

そんな獅子尾に、すずめは今まで持ったことのない感情を募らせます

 

授業が始まると教科書がないすずめは、隣の馬村に借りるが席が離れていたため席を寄せると手が触れてしまった

その瞬間に女子が苦手な馬村に手を振り払われてしまう

その事により友達作りは大変そうだなぁ〜と思ったすずめだったが、放課後馬村を見かけた時「友達になってください」と声をかけたすずめ、戸惑った馬村

 

 

馬村のことがゆゆかは、女子と話しなんかしないのにすずめとの関係が気にくわない

後日、移動教室があり、馬村と同じ班になったすずめとゆゆか

田舎の自然で過ごしたすずめは釣りも得意

「俺センスない」と釣竿ををすずめに渡した馬村は、どこかへ行ってしまう

そんな時「キャンプファイヤー係は薪を薪小屋に取りに行くんだよ」とすずめに伝えるゆゆか

薪小屋へ向かうすずめだったが、相変わらずの方向音痴でやはり迷子になる

すると馬村がなぜか現れ「田舎育ちが山で迷子になるってどういうことだよ」と

すずめは「戻ろうとしただけだよ」と歩いて行くが、その先でつまずいて落ちそうになってしまう

落ちそうになるすずめの手を馬村が掴むが、二人はそのまま落ちてしまう

迷って歩いていると、雨が降ってきたので屋根のついた所を見つけて雨宿りする

クシャミを繰り返すすずめに馬村はジャージを貸してあげるが、しばらくして隣に座った馬村に「ダルい」とすずめが寄りかかる

日が暮れてくると、やっと獅子尾が二人を見つけてくれた

 

獅子尾がおんぶしてベッドで休ませ、話をしながら蛍を見せるシーン

 

後日学校で、ゆゆかに嘘をついたか問い詰めたすずめ

そんな状況からケンカになってしまい、すずめは倒されてしまう

そんな時、馬村を含めた男子生徒がやってきてしまう

ゆゆかが馬村に好意を寄せていることを知っているすずめは「レスリングの練習に付き合ってもらってた」とごまかす

「嫌な奴って言えばよかったじゃん」というゆゆかに対し「嫌な奴でもない、嫌いでもない」というすずめ

なんだかんだ友達になった二人

 

女子力の高いゆゆかは、すずめに「好きな人に可愛く見せるために何かしようと思わないの?」と放課後メイクをしてあげる

写真を撮ろうとしたら、教室に忘れた事に気付き取りに行くと、そこに獅子尾先生が来そうになったのでカーテン裏に隠れたすずめだったが「ちゅんちゅん?」とカーテンを広げた獅子尾

ふわぁ〜っと効果音の聞いた間に恥ずかしさのあるすずめは走って逃げてしまう

走っていると馬村にぶつかってしまうが、「また明日」と走り去る

 

さて、まだまだ序盤ですがこの先からは胸キュンポイントを話していきたいと思います

 

胸キュンポイント

いつも気にかけてくれる優しい獅子尾に対し、好意を抱くすずめ

そんな獅子尾もすずめが気になってくる

そんな二人が、諭吉に頼まれ買い物に行く

買い物の帰りに登れる柵の上を歩いて行くすずめだが、落ちそうになる所を獅子尾が腕を掴み会話をしながら歩いて行く

そこで「ちゅんちゅんと一緒だと楽しい」とほのぼのした雰囲気がいい

 

しかし、もっと胸キュンポイントが!

やはりこの作品は獅子尾とのシーンよりも、女子が苦手な馬村が真っ直ぐなすずめに惹かれていき想いを伝えるシーンの方がキュンキュンくるんじゃないでしょうか

 

修了式の前日のクリスマス会、諭吉のお店(この日はすずめの誕生日)

ゆゆかとすずめで獅子尾に用意したメッセージだったが、仕事が忙しいと渡せなかった

仕方なく友達数人とカラオケに行くゆゆかたちだが、すずめは一人先に帰ろうとする

そんな時、フードを掴まれたすずめ

振り返ると馬村だった、そのまま「俺に付き合え」とイルミネーションの所に連れて行かれる

会話をしながら獅子尾先生と会えなかった事、今日がすずめの誕生日だった事を知る馬村は自分の付けていたマフラーをすずめに巻いてあげる

暗い顔をしていたすずめのホッペを掴んで「笑え」というが、ここはみんな心の中で「キャ〜私にもして!」と叫んだのではないでしょうか

しかし、その先「俺、お前が好きだ」と馬村がすずめに告白する

ここで、もう会場の女性はズッキューン♡

でも、ここではすずめは獅子尾が好きなので馬村を振ってしまう

 

進級して3年生になると馬村は1年生から「ドS王子」と人気があった

必ず背後にキャーキャー言われるのは鬱陶しいので「偽彼女」としてすずめがなることになった

その偽彼女期間のお礼に水族館のチケットを渡した

その水族館の帰りだったか「やっぱ俺好きだわ、お前しかいない」とまた告白するも、すずめが何か言おうとしたが「返事は今日じゃなくていい」と帰った

次の日「昨日の返事」と馬村の家に…話を聞くと「振られた」かと思ったら「ここまでが昨日の私の考え」と「ここからが今の私の考え」と改めて「私と付き合ってください」と伝えたすずめだが、まだ完全に獅子尾を忘れたわけではないので「馬村の方を向く努力をする」と

「今まで以上に大事にする」といった馬村にはキャー♡ポイントだろう

ここで、はじめて「すずめ!」と呼ぶ

 

体育祭の場面でも、前日のやりとりからの獅子尾先生の「背後からギュ」や当日の、馬村のハチマキからの「肩に頭トン」されたらたまらないですね

 

序盤だけでも、こんなに長くなってしまうのでちょっと途中もかなり胸キュンですが

他にも、

獅子尾先生の「鼻ツンツン」、「頭ポン」、馬村の「壁ドン」と多彩な胸キュンポイントがあります

かなり相当に省略しましたが、やっぱり最後!これ最強!

 

映画の終盤

獅子尾先生が自転車事故で病院にいる時、馬村は「お前、隠しきれてねーんだよ」と獅子尾に対する気持ちを残したすずめを、獅子尾の元へ向かわせる

会話の中で獅子尾が「好きだ」というが、すずめは「好きでした」との過去形

「私が今大切にするべき人は先生じゃありません」と言い「誰がなんと言おうと、先生は私の初恋です」といってお辞儀をした

馬村がいる場所へ戻り、探し回っているとすずめはつまずいて倒れ込んでしまう

そこにいたのは馬村だった

走っている時も先生と話していても、馬村のことばっか考えてたというすずめ

「今は努力しなくても、私は馬村のことが好き」と言ったら

「ゴメンもう一回言って、次はちゃんと聞くから」と馬村

「私は馬村のことが好き」とすずめが言うと馬村はキスをします

もうココは会場中の女性が白目むきますね

 

さいごに

かなり簡略的に、しかも序盤以外はほぼ省略という事態となってしましたが、内容が高校生なので、やはり中高生にはたまらん作品でしょうね

中学生の娘も相当に騒がしく帰ってきました(笑)

また観れる、また観たいと…

やっぱり実写化は漫画とは一部というか若干違う部分もありますが、胸キュンポイントは変わらないと思いますし、実写化によって実感というか体感できるのではないでしょうか

今回は馬村役の白濱亜嵐にかなり胸キュンだったそうです

 

あとは、広瀬すずの「チアダン」も観たいですね〜

亀梨&土屋太鳳の「PとJK」も面白そうです

さいごまでお読みいただきありがとうございます

スポンサーリンク