saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者がブログや仕事、子供やスポーツなど書いてます

【肩甲骨・お尻】を意識して『ダイエット・体型維持』を効果的に!

スポンサーリンク

夏ももうすぐ!ダイエットや体型維持、または筋トレなどをしていて、お悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか

今回、ダイエットなどをするにあたって、意識してほしい部分を2箇所説明します

これらの部分が、身体全体のバランスや調子を整えてるとも言えるでしょう

腹筋などの筋トレをしてもストレッチをしても、なかなか思うように効果が得られてないのでは、と悩んでいる方はちょっと意識を変えてみてください

夏までにナイスバディを手に入れよう!

意識したいこの部分

では、一つずつ説明していきたいと思います

・肩甲骨(けんこうこつ)

スポーツや筋トレ、ダイエットをしてきたことがある人は『肩甲骨』の重要性を知っている方も少なくないのではないでしょうか

 

天使の羽根とも言われている部分ですが、実はこの肩甲骨、身体のたくさんの部分と関係してるんです

【骨】鎖骨、上腕骨

【筋肉】棘下筋(きょくかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、肩甲舌骨筋(けんこうぜっこつきん)、広背筋(こうはいきん)、三角筋(さんかくきん)、小円筋(しょうえんきん)、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)、大円筋(だいえんきん)、烏口腕筋(うこうわんきん)

 

初めて聞いたわ〜なんて筋肉もあるかもしれませんね

ていうかこんな名前だけ聞いてもどこの筋肉か分かるか!って言いたくなりますよね

なので、この肩甲骨 - Wikipediaを参考にしてください

 

骨や筋肉の他にも、神経や動脈などたくさんの重要な部分と関わっているんです

なので、頭痛や肩こり、腰痛や眼精疲労などで悩んでいる人も、この肩甲骨を意識するだけで少しでも改善する可能性があるんです

・ヒップ

えぇお尻と大きく書きたかったんですがヒップにしときました

そして、ヒップと書いたけどお尻と言います

(ヒップとは本来お尻ではなく胴回りの部位のことをいっていたんです)

このお尻もまた、たくさんの部分と関係しているんです

お尻の筋肉は【大臀筋】(だいでんきん)《または【大殿筋】…おおとのじゃないよ》と呼ばれる、まさにお尻の形の筋肉で、さらに【中臀筋】【小臀筋】【大腿筋膜張筋】とあります

他にも、深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん)、梨状筋(りじょうきん)、内閉鎖筋(ないへいさきん)、外閉鎖筋(がいへいさきん)、上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

 

これらの筋肉は、こちらの筋肉名称を覚えようを参考にしてみてください

(様々な筋肉などの解説等載っているのでとても参考になります)

と、たくさんの筋肉があり、なんといっても骨盤との関係が濃い〜んですね

筋や神経リンパなど重要な部分と関わっているんです

 

後ろ姿やパンツ(ズボン)を履いた時が気になる人も多いはず

腰痛やぽっこりお腹に悩んでいる方は、お尻を意識すると改善する可能性があります

 

ところで、この二つを聞いて「え?ダイエットに関係あるの?」

と思った人手ぇ挙げて下さい

はい、降ろしていいですよ〜

 

では、そんな「何の関係があるのか?」と疑問に思った人に説明いたします

ダイエットや体型維持になぜ関係するのか

まず、ダイエットや体型維持に必要、というかやる事といえば『筋トレ』などの運動と『食事制限』などと考えるのが一般的だと思います

そこで、運動や食事制限をしているのになかなか効果が現れないとか、辛くて途中で諦めてしまうので長続きしない、といった事も多いのではないでしょうか

 

先ほど、肩甲骨もお尻もたくさんの重要な部分と関わりがある、といいましたがそこが肝心なんです

肩甲骨なら、首・肩・腕・背中・腰まで

お尻なら、腰・骨盤・太もも・腹筋まで

今、

あれ?もしかして肩甲骨とお尻に関係してる部分って痩せたいトコ?

って思った人はいい所に気づきましたね

部分だけで見てしまうと、腹筋や背筋を鍛えれば脂肪を燃焼させたり、見た目が良くなると思いがちですが、それだけだとやはり表面だけになってしまうんです

中身から、深層部分から変えていく事で、燃焼や良い見た目の継続になっていくといっていいでしょう 

元に戻るよりは、良い状態を維持できた方がいいですもんね

肩甲骨を意識して動かす

腕や肩を動かしたり、ストレッチなどをする際、意外と肩甲骨まで動いてる事って少ないんですよね

なので、意識して動かし可動域を広げてあげることでパフォーマンスをあげる、または代謝アップにつながるということになります

野球の広島カープにいた「前田健太選手」の、イニング前などにやっていた【マエケン体操】

あれはもう、全国民にやりなよ!って言いたい位良いものですね

血流を良くするだけでなく、肩から腕や肘にピッチング時の必要な動きを体に覚えこませる意味もあるんだそうです

【僧帽筋】という首に繋がってる上部とその下部の線維にもよく効くみたいで、肩や首のコリに悩んでいる人は肩甲骨を意識して、その周辺の筋肉を伸ばす・ほぐすという事をしてみて下さい

お尻を鍛える

なぜお尻なのか?

実は腹筋の仕方によっては、深層部分まで届かないことがあるんです

お尻とお腹(おへその下あたり)に手を当てて、それぞれお尻だけ(キュッと締める感じ)とお腹だけ(腹筋にクッと)力を入れた時の力の入り具合というか、筋肉の硬くなる部分が違うのが分かるでしょうか

お腹だけの時は、お尻はさほど硬くならないですよね

それに対しお尻だけの時は、表面の腹筋こそそんなに硬くならないのですが、深層部分…感覚で言うと腸のあたりと言いましょうか、そこが硬くなっているという感じは分かりますか?いわゆるインナーマッスルですね

その部分を鍛えることで、腰回り・お尻・太もも、と身体が美しく見えるようになっていくんですね

 

ちなみに、マッサージなど受けた事がある人は多いと思いますが、マッサージするのって身体を前後で分けたら前と後ろどっちでしょうか

前と言いたい人は何やら違うマッサージかと思いますが、コリをほぐしたりするのは身体の後ろ部分ですよね

 

意識したい肩甲骨もお尻も身体の後ろ部分ですよね

ココが凝り固まっていると代謝も悪くダイエットや体型維持には向いていません

「お尻が凝る」と聞いたことはありませんかね?

意外とほとんどの人がお尻が凝っているそうなんです

腰痛持ちの人は特に凝り固まっている人が多いですよね

あまり自分でほぐすということは出来ないかもしれませんが、お尻が垂れてきたな〜と感じたり重く感じる時は、お尻からカカトまで凝る、または老廃物が溜まっている証拠ですね

そういう時は、段差のある所でふくらはぎを伸ばすようにしてみて下さい(しっかり膝を伸ばしてお尻まで伸ばす感覚で)

そうするとスッキリしますよ(^ ^)私は買い物中のエスカレーターでよくやってます

ちょっとやるだけでもヒップラインが上がるので試してみてください

 

さて、話がちょっとそれてしまいましたが、今度はその肩甲骨とお尻を意識して鍛えたりする際のお話をしたいと思います

 

肩甲骨とお尻を鍛える 

まずトレーニングをするのも朝が代謝をアップさせるのに良いと言われています

そして、さらに代謝をアップさせる方法が!

それは、トレーニング30分前に酵素を摂取することです

 

生酵素

オススメの酵素

 

 

カプセルや粉が苦手な人は

 

何も摂取しないでトレーニングするよりも10%代謝をアップさせてくれるそうです

朝、昼、晩にトレーニングを分けるか、1回のトレーニングを段階に分けます

 

①体を温めて代謝アップ

②温まった身体に少しずつ加圧

③身体(筋肉)を休める前の本格トレーニング

 

まず、ウォーミングアップで身体を温めてあげて、脂肪を燃焼させるために代謝をアップさせます

ストレッチやウォーキング・軽いランニングなどで大丈夫です

 

次に、脂肪燃焼・筋肉を鍛える為に少しずつ圧を加えていきます

●『お尻』

体感トレーニングでもある【ヒップリフト】

ヒップリフトとは、仰向けに寝て膝を立てた状態から、お尻を上げていきます

床・膝・身体で直角三角形が出来上がるように、ちょっとした滑り台の形ですね

慣れないうちでも、3秒または10秒はキープしましょう

慣れてきた人は、下っ腹の位置に軽い重りなどでさらに圧を加えてあげます

 

他に、大変参考になるので以下のサイトを参考にしてみて下さい

大殿筋を鍛える筋トレメニューBEST10 大臀筋を鍛えてお尻力アップ | 筋トレTIPS

 

そして、一番オススメのお尻トレーニングは


基本のキ・エクササイズ スクワット編【ブルガリアンスクワット】

こちらは、ヒップアップにとても良いとされています

他のトレーニングがキツイよ〜という人は、これだけでもやってみてください!

 

●『肩甲骨』

聞いたことがある人もいるかと思いますが、【肩甲骨はがし】

初めて聞く人には文字だけ見ると怖いイメージかもしれませんが…

肩甲骨周辺で凝り固まってしまった筋肉たちを剥がしてあげて、代謝をアップさせるものです

これも、参考になるものがあるので見てみて下さい

【肩こり】ゴリゴリは肩甲骨はがしと肩のマッサージで解消しよう!

肩甲骨はがしのやり方も分かりやすく載っています

 

そして、体型維持・筋肉増加の人たちは、運動後30分以内にプロテインを摂取することで、鍛えてあげた筋肉が元気になるんですね

by カエレバ

  

      
by カエレバ 

ちなみに、ダイエットの方はこちらもオススメです

by カエレバ

 

こういった、『酵素』・『トレーニング』・『プロテイン』の組み合わせで、代謝や効果のアップに繋がります

 

そして、こちらの記事にも書きましたが

www.saekichi.net

 

食事はきちんと取りましょう

白米がどうしても抵抗がある、という人は玄米がオススメです

by カエレバ

 

 さいごに

さぁ、今日から『肩甲骨』と『お尻』を意識して始めてみて下さい

きっと少しずつ「あれ?今日の私(僕)いつもと違う」と効果を感じられるようになるでしょう

 

やっぱり、ダイエットにしても体型維持にしてもきちんと良い形でやらないと、長期間に渡る効果って得られないと思うんですよ

 

なので、無理なダイエットよりちょっとの努力の方が断然いいです(^ ^)

 

あと、「美を追求しすぎた女たちSP」という番組をご覧になった人いますかね?

その番組でとても参考になる事がたくさんありました

モデルのゆんころさんや、杉本彩さんなんかが出ていた番組です

 

観なかった人も是非参考にしてみてください

では、これらを意識してダイエットや筋トレを、より効果的に、そして夏頃にはたくさんの人に振り向かれるようなボディになってますように(^ ^)

スポンサーリンク