saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者がブログや仕事、子供やスポーツなど書いてます

信長協奏曲のサウンドトラック・コードブルー楽曲もなぜ心惹かれるのか

スポンサーリンク

小栗旬さん主演のドラマ、及び映画『信長協奏曲(コンツェルト)』はご覧になったでしょうか。

出だしから「和」を象徴するように力強い尺八から始まり、三味線や鼓と合わせたかと思えば「洋」というか「現代」であるドラムンベースやエレクトロなどとのリミッスクコラボ。

『信長協奏曲』をそのまま音として表したような、なんとも美しくインパクトのある楽曲であると思います。

信長協奏曲オープニングテーマ


信長協奏曲オープニングテーマ

何度聞いても耳にも脳にも残るこのオープニングテーマ。

今更かもしれませんが、「m-flo」の☆Takuさんがドラマ劇伴を全曲担当したんですよね。

単独で手掛けるのは初だったそうなんですが、そんなのを微塵も感じさせないカッチョ良さ。

「m-flo」時代もめちゃくちゃ聴いてたんですけど、最近の子は知ってるのかな?

m-floといえば「エレクトロ」っていうイメージですけどね。2001年でしたっけ?女性ボーカルのLISAさんが脱退してその後はお二人で活動しつつ多数のアーティストとコラボしてるんですよね。

一つ気になるのが、尺八の背後で聴こえる笛の音なんですが、何の笛かが分からない(ㆀ˘・з・˘)

主題歌・サウンドトラック

Shutsujin Remix

Shutsujin Remix

  • ☆Taku Takahashi
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

メインのオープニングテーマの強烈さはモチロンの事、サウンドトラックも各シーンに何ともマッチしているであろうかと思います。

何度聞いても、また聴きたくなります。

そして、忘れちゃならないのがMr.Childrenの唄う『足音』!

足音 ~Be Strong

足音 ~Be Strong

  • Mr.Children
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらも映像との隙間を微塵も感じさせない楽曲じゃないかと思います。

中高生の頃はバリバリ聴いていた30代ですからね。大人になった今もじっくり聴きたくなります。

コード・ブルー主題歌、オープニングテーマ

HANABI

HANABI

  • Mr.Children
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらも同じくMr.Childrenの唄う『HANABI』

山下智久さん主演のコードブルーもthirdとなり待ちに待っていた!という人も少なくないのではないでしょうか。

どちらも印象深く耳に残る楽曲かと思います。

あとは、コードブルーのオープニングテーマ。

season3になると壮大さが増したように思いますが、個人的には初代の方が好みですね。


【TVでよく聞く名BGM】 Code Blue ~コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命~

これまた、なぜこんなにも人の心に突き刺さるのか考えてみた。

これらの楽曲に心惹かれる理由

まず、サウンドトラックで耳に最初にインパクトとして入ってくるのが『笛』の音ではないでしょうか。

「信長協奏曲」では『尺八』、「コードブルー(初版)」では『ティン・ホイッスル』という笛が使用されています。

「尺八」とは、日本の伝統木管楽器ですね。

中国の唐が起源とされていますが、鎌倉・江戸時代に現在の形の元ができたと言われています。演奏者の間では「竹」とも呼ばれてるそうなんですが何だか素っ気ないですね(笑)

竹のブロックごとに穴が空いているわけですが、小学生の頃よく吹いたリコーダーとの違いは、尺八は【前面に4つ・背面に1つ】の穴しかないんです。

そして、「ティン・ホイッスル」とは、「アイルランド発祥の縦笛」ですね。

こちらは穴が6つなんだそうですけど、属性としては木管楽器でフルートなんかと同じ部類だそうです。

やはり「素朴な音色」が広く親しまれているようです。

と、まぁ話がズレてしまいましたが古来から日本の行事(神社など)では何かしらの笛の音色を聞いた事があるのではないでしょうか。

伝統的な楽器というのは、昔からその音色で人々の心を突き動かしてきたのではないかと思います「耳から心へ」

音楽以外でもスポーツなど笛が取り入れられてますが、人間や動物はこの「笛の音」に反応する習性がある事が、惹かれる理由に関係しているのではないかと思います。

伊達政宗の右腕でもある片倉小十郎もその美しい音色で…って言いますしね(^ ^)

そして、『映像と音楽』この二つが見事に合わさった時に最高の楽曲になるのかな、と…

またいつでもまとめて観たい 

信長協奏曲はドラマはもちろん、映画も1度だけではなく再び観たいという人も少なくないでしょう。

気に入ったものは、動画配信より手元に置いておきたい気持ち…分かります。

漫画もまた一味違いますが、BOX観てるだけでも楽しい(笑)

また映画館の大画面でも観たいですね。

 

コードブルーもseason3まできた人気作ですからね。

スーパードクターが居ないからこその絶大な人気なんですかね。

山Pファンはとっくに購入済みなんでしょうか(^ ^)

さいごに

映画にドラマに、近年では動画配信や借りる事ができると言った状況からテレビをリアルタイムで見る人が減っているそうです。

そんな中でも、多くの人に支持されている作品も多数あるのも事実です。

医療系は作品的に相当な差が出ますからね…最近良いのは「コウノトリ」でしょうか。綾野剛さんの漫画とのマッチっぷりもまた。

今回は(も)個人的な感想が9割9分です。

戦国ものも医療系(モノによる)大好きだし、漫画の実写版とかつい気になっちゃいます(笑)

音楽を聴くと「あ〜あのドラマね」なんていう人も多いかと思いますが、映画やドラマ…そして映像にはとっても深く関係しているのが「映像と結びつける印象に残る音楽」なんでしょうね。

音楽を聞いては好きなシーンを思い出し妄想しましょうっw