saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者のブログ

【幕張ビーチ花火フェスタ2018】2万発の花火が幕張に–イベントから駐車場情報まで–

スポンサーリンク

2018年も夏を迎える千葉の幕張ですけれども、今年も、前々回より5千発増の20,000発の花火が幕張の夜空を綺麗に舞い散ります。

2017年の花火フェスタはこのような感じ。
www.saekichi.net

今回も、昨年同様「イベント情報」から「交通規制」「駐車場情報」をご案内していきたいと思います。

幕張ビーチ花火フェスタ2018

第40回記念となる『千葉市民花火大会』。
イベントの詳細は以下になります。

《日時》
・7月27日(金)
・19:30〜20:30

(入場:17時〜有料観覧席)
(中止の場合、午前9時までに発表)

《開催地》
・幕張海浜公園

《打ち上げ総数》
20,000発

目玉
国内最大級の打ち上げ総数20,000発
開幕約3,000発のミュージックスターマイン
4号玉30発増加!
5号玉30発新設!
花火に想いを込めるLOVEメッセージ
海上パノラマ大玉40発付THE MAKUHARI HANABI
10分間で1万発ナイアガラ・グランドフィナーレ

花火大会の見所と言っても良い、ラストの大空中ナイアガラ「グランドフィナーレ」ですが、なんと!ZOZO TOWNを運営するスタートトゥデイが提供とのこと。
ZOZOの前澤社長は千葉ご出身で千葉を盛り上げたい、という気持ちをこの花火大会にも盛り込んでくれたのですね。楽しみです。

ところで、気になったのが日程
毎年、8月の第1土曜日に開催されていたのですが、今回は7月終わりの金曜日。。平日ですよ。

あ、千葉市公式HPに書いてありました。。

【平日開催の理由】

今年は、夏休み期間中にソフトボール世界大会が開催されるほか、記念大会となる高校野球、並びにプロ野球・音楽イベント・少年野球大会などのイベント等が数多く予定されており、また、県立幕張海浜公園におけるナショナルフットボールセンター建設工事に伴い、幕張メッセ駐車場を自由観覧席とする上で、土日は駐車場の混雑が予想され、十分な広さの観覧席の確保が難しいこともあり、関係機関と協議調整の結果、子どもたちも夏休みに入る7月の最終金曜日(プレミアムフライデー)に開催することとなりました。

いつも地元のお祭りと被ってるな〜なんて思っていましたが、
・他イベントとの被り回避
・渋滞や混雑回避

などの点からも平日に開催するのかと思いました。(予想)

LOVEメッセージ

昨年も行われた、大切な人に想いを届ける花火「LOVEメッセージ」

いっ時、時間になったら駅前の大型ビジョンなどで、告白だったり大切なメッセージを…というのが良く?流行っていましたが、大型ビジョンよりももっと大きな「夜空」に綺麗に輝くメッセージを、といったもの。

いつも一緒にいるけど、なかなか言葉で伝えるのは恥ずかしい…なんて人は、この機会に大切な人に想いを伝えてみるのも良いですね。

チケット・有料観覧席

f:id:saekichi:20180612141947j:plain
公式サイトより参照

有料観覧席は昨年とメインはだいたい同じでしょうか。
[ビーチ席B]は「協賛席」となっているので購入する事は出来ません。

少し変更があったのが「自由観覧席」ですね。
昨年は、「防風林の裏」と「豊砂公園」でしたが、今年は防風林裏は工事もしてますし、見にくかったのもあるのか『立入禁止区域』となっております。
その代わり、「球場内駐車場」が「球場サイド席」として「市民優待席」となるそうです。

そしてメッセ専用駐車場が、「よしもと」のイベントも同時開催していた『メッセサイド席』となっていたのが『自由観覧席」になっていますね。

昨年と変更があったのは、この箇所でしょうか。

チケット情報

全席から部分的のみ取り扱っているなど、購入場所により異なりますのでご確認ください。
f:id:saekichi:20180614161155j:plain

千葉市民優待席

千葉市公式HPに以下のようにありました。
締め切りまであとわずかです。

千葉市民花火大会第40回の開催を記念し、市民の皆様を花火大会へご招待!

募集人数:5,000人

観覧場所:球場サイド席(チケット1枚につき、レジャーシート(75cm×75cm)を1つ差し上げます。)

応募方法:はがきに、住所・氏名(代表者のみ)・希望人数(5人まで)を明記し、郵送でご応募ください。

受付期間:6月1日(金曜日)~6月20日(水曜日)まで(必着)

応募先:〒260-0022 千葉市中央区神明町13-4 「幕張ビーチ花火フェスタ市民優待係」

当選発表:チケットの発送をもって通知とさせていただきます。(7月10日(火曜日)までに発送)

注意事項:就学前児もチケットが必要です。希望人数に含んで、ご応募ください。

     先着順ではございません。応募者多数の場合は、抽選となります。ご了承ください。

交通規制

18:00~21:00
昨年同様、一番海側の「海浜大通り」から、最寄りの「海浜幕張駅」までの幕張メッセ周辺エリアは交通規制が入ります。
f:id:saekichi:20170628155310p:plain
公式サイト参照
交通規制中は、臨時バスのみ走行可能で、一般車両は通行することはできません。
エリア内の駐車場から出ることはできたようです。

すでに17:00くらいには、周辺は大変混雑しておりますので、十分ご注意の上、お早めに行動されることをオススメします。

駐車場情報

今回は、「平日」ということもあり、大体の駐車場が最大料金の適用があります。
土日祝日に比べ、料金も気持ち安くなっているので良いですね。

ただ、東京ベイ幕張(APAホテル)のようにイベントによって最大料金の適用ナシもありますのでご注意ください。
当日、パーキングによっては、最大料金の適用がなくなる可能性もありますので、現地の指示を必ずご確認ください

f:id:saekichi:20180112090323j:plain
上記のようにエリアごとに分けてご紹介しています。
海浜大通りより海側は臨時駐車場になりますのでご確認ください。(交通規制の画像のオレンジの部分になります)

海浜幕張南口・幕張メッセ周辺

f:id:saekichi:20180110142021j:plain

※[1]のAPAホテルは「特別日程」の為最大料金適用ナシです
会場へは近い位置ですが、交通規制が入ってしまうのと、もっとも渋滞・混雑が予想されるエリアです。
このエリア内なら、幕張メッセ周辺よりは、少しだけ離れた公園の県営駐車場が、良いかと思います。

▶︎海浜幕張南口・幕張メッセエリアはこちら

海浜幕張北口・オフィスエリア

f:id:saekichi:20180110135736j:plain

会場とは駅の反対側になりますが、南口同様に国道側からも海側からも渋滞・混雑が予想されるエリアです。
なので、線路より海側へ行く前にこのエリアで駐車してしまった方が早いかもしれません。

オフィスエリアは土日、平日関係なく同じ料金ですが、映画館があるメッセモールやかねたや付近は平日だと1,000円以内で収まりそうです。ただ、イベントや季節によって変更になる場合もあるとの表示ですので、当日は現地の指示に従ってください。

▶︎海浜幕張北口・オフィスエリアはこちら

メッセ専用・イオンモールエリア

f:id:saekichi:20180110135152j:plain

幕張メッセから川を挟んだ、メッセ専用駐車場およびイオンモールになります。
メッセ専用駐車場は、全体のメッセ寄り半面が『自由観覧席』となっているので半分の収容台数となります。

最大無料時間なども考えると、駐車する車両が集中するかと思いますので渋滞&混雑は必至です。駐車場に入るまで、車庫から出るまでの時間がかかるので、来場または帰りはその辺りも考慮しておきたいですね。

▶︎メッセ専用・イオンモールはこちら

打瀬(うたせ)ベイタウンエリア

f:id:saekichi:20180110135628j:plain

海浜幕張駅から少し離れた住宅街のパーキングになります。
会場となる幕張海浜公園からは15〜20分程度の距離になりますが、そこまで気にならないでしょう。

海浜幕張周辺は、渋滞や混雑が避けられないと思いますので、比較的混雑の軽いベイタウンエリアに駐車するのもアリですね。割と駐車料金も安い方なので。

▶︎ベイタウンエリアはこちら

便利な予約駐車場

この他、海浜幕張駅周辺ではなく1駅隣の「新習志野駅」や「検見川浜駅」または「幕張本郷駅」周辺などに停めて行くのも良いかと思いますが、バスや電車も大変混み合いますので、どっちが良いかというのは一概には言えないですね。

調べて来たけど、どこも早く埋まってしまい結局駐車場探しに時間がかかってしまう…なんてこともあるので、そういう時はやはり『予約駐車場』が便利です。

花火の見えるホテル

海浜幕張周辺には6つの大きなホテルがあります。

海側の部屋なら完全とはならなくても、花火を見ることができます。
花火を見ながら雰囲気を味わいたい人や、子供がいると大変だからゆっくり部屋から見たいという人にはオススメですね。

花火が見えそうなホテルは、こんな感じでしょうか。
周辺ホテル6つのうち4つですが、これも部屋によってなので、予約を取る際は確認をして見た方がいいでしょう。
ホテル ニューオータニ幕張はセットプランで販売されています。

さいごに

今回は第40回記念となる「千葉市民花火大会」ですが、昨年よりもさらにスケールアップしているとのことなので、期待が高まりますね。

今までの日程と少し違いますが、それによって混雑などが少しでも緩和されれば良いですけどね。ただ、平日なので「仕事で行けない」という人が出なければいいのですが。。

様々な角度から、たくさんの人が楽しめる花火ライフでありますように。