saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者のブログ

禁断のショコラ?!不思議感覚のチョコレート&たけのこの里クッキーキャラメル

スポンサーリンク

甘いもの好きさんなら、コンビニなどに新しく陳列されたチョコなどにすぐさま反応する事でしょう。かくいう私も大の甘いもの好きなので、視界の中に見慣れない商品があったらすぐ手が伸びます(笑)

最近、めっきりブログには書いてなかったのですが、実際はめっちゃ食べてます。
多分…新商品ほとんど手をつけているのではないでしょうか。

でも、同じ系列でも店舗によって置いてある所とない所があるのもちょっと残念。
なかった場合探すのが大変…というか億劫なので、ない時は諦める人も多いのではないですかね。

とまぁ、そんなこんなで「禁断のショコラ」いってみましょう。

禁断のショコラ


今回はセブンで見つけたこの商品。
こんなん見たら、試さずにいられないじゃないですか。

完全なチョコではなく「ラムネ」とのコラボレ〜ションやぁ〜(彦摩呂風)っていう商品のようです。そういった系統のチョコはありますが、コレはどんな感じなのでしょうね。

では、ひとつずつ。

禁断のショコラ「ソーダ味」


中身は、こんな感じですね。
色はそのまんまソーダ色。
画像だと若干顔色良くないですね。実際はもう少し綺麗なソーダ色。

周りにパウダーがかかっています。
こういったパウダーってちょっと「酸味」がありますよね。

パクっといくと、やはり最初に出会うのは酸味。「すっぱ!」と言いたくなります。
この丸を噛むと中身はこんな風になっています。
(ちょっと噛み跡ありますが)

まわりの濃い部分がチョコですね。
味はソーダ味でいいのかな?一応チョコ感はあります。

で、中の白っぽい部分がちょっと見にくいですよね。ごめんなさい。
ここがラムネになっているようです。
しかも、あのパチパチが入ってる!

わたパチ食べたことありますかね?わたあめの中にパチパチする飴が入ってるやつ。
アレですアレ。
噛むと口の中でパチパチいってます。(ほんのり)

ラムネの影響もあるのか、甘ったるいチョコではなく以外とアッサリしています。

禁断のショコラ「マスカット味」


マスカット味はこんな見た目です。
こちらも若干顔色が良くない色に見えちゃいますが、実際はもう少し綺麗な黄緑です。

マスカットのチョコかぁ〜…とちょびっと疑念を抱きましたが。
パクっといくと、「あ、全然イケる!」

で、ソーダ味同様、最初に口に入れると「すっぱ!」ってなります。
噛むと同じように、こんな断面です。

これもまた白くなっちゃって見にくいですね。

白いラムネの部分には、やはりパチパチぱん…飴が入っており口の中でやさしくパチパチいってます。

マスクをしてたので、最初は気付きませんでしてが、袋を開けるとマスカットの香りがふわぁ〜っとします。

両方ともサクサクなので、口の中にあまり甘さが残らない感じです。

禁断のショコラの感想

二つの味を食べてみて、ソーダ味のパウダーは酸っぱ過ぎる!(個人的にね)
マスカット味は、フルーツ独特の「酸味から甘さへ」という感じでちょうど良いと思いましたが、ソーダ味は口に入れたら酸っぱ顔になります。

あと、ラムネをもう一回り小さくしてチョコの部分を一回り多くしたら最強だったかなぁ、と思います(個人的にね)

甘〜い!という感じではないので、あっさり甘いもの摂りたいという人にはオススメだと思います。

たけのこの里クッキー&キャラメル


たけのこ派の皆さん、出ましたよキャラメル。
クッキー&キャラメルですからね、「ザ・定番」といったところでしょうか。

あの、サクサクのクッキーとチョコの何とも言えないバランス。
クドくない甘さが欲しくなると食べたくなる「たけのこの里」さん。

いいですね〜このキャラメル色。

甘いのを欲している時に見たら衝動に駆られて、一気に口に頬張りたくなります。
(一気に頬張りましたw)

キャラメルの風味にほのかに存在のあるクッキー、絶妙なバランスです。

小袋なので、何個も口に入れてしまうとあっという間になくなってしまいます。

ちょっと甘いのが食べたいな、という時に側に置いておきたい一品でした。

さいごに

今回は、禁断のショコラ2種類と、たけのこの里クッキー&キャラメルでした。

新商品は、やはり気になるので食べてみたい衝動に駆られますね。

禁断のショコラのソーダ味は若干酸っぱさが気になりましたが、全体的にはチョコとラムネとパチパチの良いバランスで、またたまに食べたいかなと思います。

たけのこの里は今回一気に食べちゃったので、また次回ゆっくり味わって食べたいと思います。