saekichi ぶ ろ ぐ

デジタルに弱い超初心者のブログ

ダイエットなら【体重】よりも【体型】を気にして!

スポンサーリンク

いつの時期も「ダイエット」をしようとする女性は果てしなくいますよね?

女性に限らず男性でも本当に増えたと思います。

では、そんなダイエットをしている(しようとしている)あなたの最終目的は何ですか?

ダイエットの最終目的は、

「体重を減らしたい」「良い体型になりたい」

そう思う人がほとんどかもしれませんね。(綺麗になりたいカッコ良くなりたい、モテたいとかもありますけどね)

ただ、これだけは先のことも考えて頭に入れておいてください。

「楽して(手を抜いて)痩せても、後に残るのは身体の崩壊です」

(初めは太りにくい体質にするため少し大変かもしれませんが、最初だけちょっと頑張ってみましょう)

 

運動や食事管理が嫌いな人は、

こちらへお逃げ下さい。

まず、ダイエットには「食事制限」「運動」という基本が付いてくると思ってください(どちらかではなく2つともです)

そして、本当に大事なのは【バランス】です。

体重を減らしたい

・「食事制限」

あ〜よくある話、と思うでしょうが、ただ量を減らしたり、炭水化物(米など)を抜けば言い訳ではありません。

むしろお米は食べた方がいいです(モリモリじゃなく茶碗1杯程度)

おかずだけ食べると逆にカロリーを取りすぎてしまっている場合もあるんです。

そして栄養の偏り(よく聞くと思いますが)

 

体重を減らしたいだけならば、食事内容は今までとそんなに変えなくても大丈夫なんです(極端な偏りがなければ)

ここで大事なのは、

「空腹の時間をつくってあげる」こと

 

ちょこちょこ食べをしたり、夜食べた後から朝食までの間、しっかりと食べない時間をあけていますか

「食事制限」と聞くと「アレは食べちゃダメ、コレは食べなきゃ」と思い浮かべるでしょうが、栄養からカロリー計算までしているだけで、挫折しそうですよね。

 

でも、ここでは「食事制限」ではなく「食事間の制限」になりますね。

しっかり「空腹感」を身体に与えてください。

 

・「運動」

お腹が空くと力がでない、なんてことありませんか?

そこが、重要です。

なぜかというと、食べたものを消費させて身体を動かしてくれるのですが、食べたものが消費させる量より余ってしまうと、それが余計な肉になってしまいます。

では、消費させるものがなかったら?

そこで、いま余分についている体脂肪をエネルギーとして消費しようとするんです。

なので、お腹がいっぱいの時よりも、空腹時の時に運動した方が体重を減らすためには効果的なんです。

 

ただ、

痩せるため、健康のためとウォーキングなどをしている人も多いと思うのですが、普通に歩くだけではほとんど消費しないのは知っていましたか?

より効果的にウォーキングをするならば、

・歩くペースを小刻みに変える

・下腹部に力が入った位置まで脚をあげて歩く

といった事を意識するだけで、普通に歩くよりも効果的に消費できるんです。

 

歩きに出るのも億劫という人もいるでしょう。

でしたら、家事などをする時にジェスチャーの大きい無駄な動きをしてください。

モップなどかける時に、身体をひねって伸ばして奥まで〜などとハタから見たら

「ウザっ」って思うような無駄な動きがいいんです。

 

それさえも、出来ないという人は食事の際「一口ひとくちをよーーく噛んで食べる」

…それさえも出来ない人は、痩せる気はないでしょう 。

 

消費されないで体重が気になるという人は、動きが小さい、もしくは少ないんです。

なので、動きを大きく無駄に動くだけで今までよりは消費されますから。

 

体重を減らしたいのならば、食事の内容はバランスを少し考慮すれば今まで通りで大丈夫です。

ただ、夕飯が18時であれば、翌朝の朝食が6時頃でもそれまでは間食、夜食は食べない(水は取っても大丈夫)

最初はお腹が空いて大変かもしれませんが、慣れれば空腹の時間も苦痛ではなくなります。

 

そして、運動という運動はしなくても「空腹の時間」をつくれれば、脂肪から消費してくれます。

空腹時の運動は軽めのウォーキングなどがベストです。

逆に激しい運動をしてしまうと、低血糖症になる可能性があるのでご注意を…

【良い体型になりたい】

・「食事制限」

良い体型を作るのであれば「体内に食べたものがいつまでも残らない」事が重要になってきます。

ということは「残らない=消化の良いもの」となります。

良い体型は、程よく筋肉が付いていて引き締まっている身体です。

なので、消化もよく筋肉によいものを摂取したいですね。

その代表は、

「赤身牛肉、皮なし鶏ムネ肉、マグロ赤身、卵、果物、野菜」など。

上質なタンパク質がとれるので、筋肉をつけるならばこれらを摂りたいですね。

 

脂肪を燃焼しつつ筋肉を程よくつけるには、

「納豆、ギリシャヨーグルト、カッテージチーズ、ツナ缶」など。

脂質も少なく、筋肉に程よく栄養を運んでくれるタンパク質です。

 

そして、体型維持にはバランスを考えた食事と、程よく身体を綺麗に見せる為の引き締める運動が必要になります。

その為に必要なのが「炭水化物」なんですね。

炭水化物が足りなくなると、運動中に筋肉の中のタンパク質が分解されてエネルギー源となってしまうので、筋肉をつけたいのにつかないという状態になってしまいます。

 

ダイエットといえば、炭水化物を抜くという考えを持っている人が多いかと思いますが、あくまでも専門家による食事制限&運動です。

個人で炭水化物抜きダイエットをすると逆効果だったりリバウンドの恐れもありますので、むやみに何かを抜くダイエットは控えた方がいいかもしれません。

 

・「運動」 

体型作りの運動には「空腹時」は禁物です。

食べ過ぎも横っ腹が痛くなったりするので、効果的に脂肪を燃焼しつつ筋肉をつけるなら「おにぎり1個、バナナ1本」くらいの軽い食事をしてからがいいでしょう。

 

ここで気を付けてほしいのが、「ブヨブヨの脂肪の上に筋肉は付けない」ことです。

減らしたいはずの脂肪が、筋肉という壁に囲まれてからでは燃焼させるのが難しいからです。

なので、ブヨブヨ体型で悩んでいる方は、まずは脂肪を燃焼させてから筋肉をつけていくという事を忘れないでください。

 

だいたい食後1時間くらいが、血糖値の上がるピークと言われているので、その時間に「筋トレ」を行うのがいいでしょう。

(筋トレは、筋肉をつけるというより筋肉の維持と考えてください)

 

ここでやる筋トレは「1回1回をゆっくり」一定の力を保ってください。

ただ回数をこなすのではありません。

100回早くやるよりも、10回ゆっくり一定にやるだけでいいのです。

呼吸も一定のペースでゆっくり吐ききるようにやるといいでしょう。

その10回が意外とキツイですけどね。

 

そして、筋トレをした後で体力に余裕があれば「有酸素運動」(ジョギングやウォーキング)をすると、より効果的です(ただし、無理は禁物です)

 

順番でいうと、

・軽く食事

・筋トレ

・有酸素運動

・運動後の食事

運動後にカフェイン(コーヒーなど)を摂取すると、脂肪燃焼の相乗効果があるとも言われています。

運動後は、せっかく作った筋肉を分解させない為にも、時間を空けすぎず、タンパク質、炭水化物を摂取して栄養を吸収させましょう。

【美容・見た目の為にも食事と運動のバランスを】

栄養を考えた食事と、程よい運動はただダイエット効果に良いのではなく。

肌のハリツヤ、引き締まった身体といい事づくしです。

ただ食事制限をして痩せただけでは、肌の状態も良いとは言えないし、脂肪がなくなっただけのダルダルの肉体になってしまいます。

やはり、異性を胸キュンさせたいならばバランス良く痩せて、体型を維持したいものです。

 

痩せるだけと、良い体型を作るのではダイエットの仕方が違うので、もう一度まとめてみたいと思います。

 

【痩せるダイエット】

・空腹の時間を作る

・空腹時に軽い運動をする

 

【体型改善(維持)ダイエット】

・消化の良い食事バランス

・運動前に軽く食事

(筋トレの後に有酸素運動)

・運動後に栄養のとれた食事

 

食事も運動もバランスが何より大事ですね。

【ダイエットを考えているなら】

これからダイエットをしようとしている人も、今ダイエット中の人も大切な事がちゃんとできているか確認してください。

・「明確な目標を決める」

・「継続する」

ダイエットをするには、この二つは欠かせません。

痩せるなら「何キロ痩せるか」、「何ヶ月で何キロか」。

これを決めないで始めても、ダラダラしてしまうだけ。

もしくは、無理な食事制限だけで「肌が荒れる」「リバウンドしてしまう」

というような結果になり兼ねないですよね。

 

そして、どの分野でも難しいとされている、

「継続」

強い意志で継続できた人だけが、目標を達成できるのです。

 

なので、最初から自分にかけ離れた目標を設定しては挫折はすぐそこで待ってます。

甘すぎても「まぁいっか」と怠けてしまうので、

出来るか出来ないかの境目くらいの目標を設定すると長続きしますよ。

 

あとは、

・(全身が見れる)鏡を見るクセをつける

・これ以上はヤバイという「ボーダーライン」をつけること

・お風呂上がりにストレッチをするクセをつける

 

などこれだけでも無理してダイエットをしなくても済みますよ。

「クセをつける」=「習慣にする」

ことで、わざわざダイエットをしなくても済む体型を維持できるんです。

 

ほかにも、よく聞く「骨盤ダイエット」

これはダイエット以前に骨盤の矯正(中心がズレる事による身体のバランス崩れを治す)が必要なのです。

矯正していく中で、必然的にダイエットにつながるのです。

左右の骨がズレているかもという人は、普通にダイエットや筋トレをしても効果が薄れてしまったりするので、心配な方は専門家に診てもらいましょう。

 

楽してダイエットをしたい人は本当に痩せたいかというと、そこまで本気ではないんですよね。

だから、その体型になってしまったという事を理解してください。

本気で何かに取り組むには「意地」が必要です 。

 

体重は体重計に乗らない限り、目に見えないです。

せっかく体重が減ったのに「見た目が変わらない」「誰も気付いてくれない」

なんて思いしたことありませんか?

 

どうせなら、周囲から「痩せたね!」「綺麗に(カッコよく)なったね!」

と言われてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

www.saekichi.net

www.saekichi.net